2007年12月06日

人が最も死にたいと思うとき

人が死にたいと思ってしまう理由はさまざまです。
列挙してもきりがないことでしょう。

ただひとつ,共通して言えることは,自分の存在を否定されたり,自分の存在を無に感じてしまうとき,最も人は生きている意味と意義を見失うようです。

人格者は,人の存在を否定してはいけません。
逆に人を救う手段のひとつが,その人の存在を認めてあげることであることを忘れないようにしましょう。

いかなるときも,人間の存在否定はしてはなりません。
posted by たかお at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 人格者の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。