2008年03月19日

次回配信予告

メルマガ読者のみなさまへ

本日メルマガ第27号を配信しました。

当方の都合により,次回の配信は約1週間後となります。
もしかすると月末になるかもしれませんが,気長にお待ちください。

よろしくお願いいたします。

一ノ瀬隆夫
posted by たかお at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

自分を投げ出す勇気

本日メルマガ第26号を配信しました。

今回は,私が中国へ行ったときの出来事から感じたことを基に,留学経験のある人は物の見方や考え方も幅が広いなぁ,といった内容です。

人にはそれぞれタイミングというものがあり,若いうちは興味がなくても,歳を重ねるごとに興味がわいてくることってありますよね。
例えば留学などもそのひとつで,若いうちに行くと,語学や文化の吸収も早く一般的によいとされています。
しかし,興味がないと,留学してもホームステイ先で引きこもり,外国語もロクに話せないまま帰国してしまうという人が多いと聞きます。
逆に年齢を重ねていても,興味があれば短期間で語学をマスターすることもできます(努力は必要になってくるでしょうが)。

つまり,人にはそれぞれ適したタイミングというものがあり,「無理に」何かを強要してもうまくいかない場合があるということです。

思い立ったら吉日,ではありませんが,やりたい!と思った時が往々にして何事においても最適なのだと私は思います。

ですから,シニアの方の留学なども私は大賛成なのです!
posted by たかお at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人格者の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

これぞ人格者

昨日メルマガ第24号「黙っていても人がついていきたくなる人」を配信しました。

次回は,日常的に見かける人で「人格者だなぁ」と思える人,様々な人にインタビューして人格者の資質のひとつだと思える事柄を配信します。

メルマガの読者に限らず,当ブログをご覧になった方で,
「人格者とはこれだろう!」
と思えるご意見がありましたら,どんどんお寄せください。

メールアドレスは下記の通りです。
takao-i@infoseek.jp
一ノ瀬隆夫

申し訳ないことに今のところ謝礼などはございませんが,ご意見をよろしくお願いいたします。

なお,ご意見をいただいた方には数日かかるかもしれませんが必ずお返事させていただいています。
また,相談事などを送られる方もお見えですが,どのような内容でもご遠慮なくお寄せください。
ただしお返事に時間がかかった場合はご容赦ください。

一ノ瀬隆夫
posted by たかお at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

ボランティアは自己満足か?!

本日メルマガ23号を配信します。

このブログも気づけば1ヶ月近く更新していませんでした。

他の方でもそうなのでしょうが,ブログとメルマガの両立って意外と難しいものですね。どちらに何を書くのか,同じことを書くの?など。

私の場合は細かいことは気にしておらず,どちらかというとブログをおろそかにしてしまっているので,これからは,しっかり更新していきたいと思っている今日この頃です。

さて,メルマガ21号に記述した「ボランティアは自己満足か」に対して反響がありましたので,このブログにも転載させていただきます。

みなさんなりのご意見があると思いますので,是非お寄せくださいね。



〜〜〜 ボランティアは自己満足か? 〜〜〜

ある方いわく,ボランティアは自己満足だと・・・
ボランティアをしている多くの方は,他人に奉仕をしているという自分に酔っていると言うのです。

献身欲,自己犠牲への陶酔・・・

みなさんはこの言葉をどう捉えますか?

これは一見ボランティアという行動を極めて冷ややかに見た意見だと思われる方が多いでしょう。

だとするとボランティアは,やはり自己満足なのでしょうか?

見返りを期待するのをボランティアの定義からはずしたとして,純粋に他人のために自分を捧げることが,たとえ自己満足であったとしても,私はすばらしい行為だと思います。

なぜって?

普通の人にはできないからです。

ボランティアについてとやかく言う人ほど,自分を捧げることができない,または自分を捧げたことがない人なのではないでしょうか?

少なくとも,そうした行為ができる人は,しない人よりも数段すばらしい方だと私は思います。

たとえ,その根底が自己満足であったとしても,人を助け,人のためになる行いをしているわけですから。

物の見方は1通りではありません。対極から眺めてみることも考えが偏重しないためには大切なことです。
しかし,いつも対極からばかり物事を見ていては,これまた考えが偏重することになります。

事実を事実と受け止め,冷静に判断した結果,私はボランティアはやはりすばらしい行為だと思います。

もちろんボランティアをされている方の多くが,自己満足だけで行っている訳ではないことも,よく知っていますしね!
posted by たかお at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 人格者の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。