2008年01月24日

優しさって何?

1月16日にメルマガで配信した内容について,ご意見がいくつか寄せられました。
メルマガの文章を下に記述しますので,お暇な方は読んでみてください。
まだまだ文章が下手ですが,許してくださいね。


〜〜〜 優しさって何? 〜〜〜

私は「人はもっと優しくなれる」という言葉が大好きです。
自分に優しさが足りないと思ったときや,他人が困っている姿を見たときに,
自分にそう言い聞かせることで「よし!手を貸してあげよう!」と思えるから
です。

しかし,何でもかんでも手を差し伸べることが優しさではないことは,みなさ
んもご承知だと思います。

例えば,小さな子どもが走り回っていて転んだとき,周りの大人が起こしてあ
げないで,自分で起き上がらせるのも優しさですよね。
これは,その場の状況だけを考えるのではなく,その子どもの将来までも考え
てあげた優しさです。

つまり本当の優しさとは
「親身になって相手のことを考えた言動」
であるといえます。

時には相手に試練を与えることも,相手のことを真剣に考えているのならば優
しさだといえるのです。

実はこの場合は,受け手が「優しさだ」と認識できない場合があります。

しかし,それも一時のこと。

時間が経って当人が成長したときに「あれは優しさだったんだな」ということ
にジワリジワリ気づいてくる・・・。

このような優しさを与えられる人はある意味,演技派なのでしょうね。

さて,今回一番お話したかったのは,
「相手に気づかれない優しさ」
「さりげない優しさ」
には感動があるということです。

いかにも周りに「私優しいでしょ!」とアピールするかのような優しさ(こう
いうのをお節介というのかもしれません)を振りまく方もいらしゃいますが,
度を過ぎると,周りに不快感を与える場合があるんですよね。

「その場の優しさは,その場のありがとうを生む」
と思いますが,反対に,
「相手に気づかれない優しさは,後から感動を生む」
と私は思っています。

優しさは当人に気づいてもらいお礼を言ってもらうためにあるのではありませ
ん。
お礼を言ってほしいと思うのは,優しさではなく,自己満足だからです。

いいじゃないですか!本人に気づかれなくても!
「見える優しさ」だけでなく「見えない優しさ」を大切に・・・
いや,見えるか見えないかなど関係ありません。

相手のことを考えた「真の優しさ」を与えられる人間。
そういう人間に私はなりたいと思っています。



以上です。
posted by たかお at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 人格者の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。