2008年03月05日

ボランティアは自己満足か?!

本日メルマガ23号を配信します。

このブログも気づけば1ヶ月近く更新していませんでした。

他の方でもそうなのでしょうが,ブログとメルマガの両立って意外と難しいものですね。どちらに何を書くのか,同じことを書くの?など。

私の場合は細かいことは気にしておらず,どちらかというとブログをおろそかにしてしまっているので,これからは,しっかり更新していきたいと思っている今日この頃です。

さて,メルマガ21号に記述した「ボランティアは自己満足か」に対して反響がありましたので,このブログにも転載させていただきます。

みなさんなりのご意見があると思いますので,是非お寄せくださいね。



〜〜〜 ボランティアは自己満足か? 〜〜〜

ある方いわく,ボランティアは自己満足だと・・・
ボランティアをしている多くの方は,他人に奉仕をしているという自分に酔っていると言うのです。

献身欲,自己犠牲への陶酔・・・

みなさんはこの言葉をどう捉えますか?

これは一見ボランティアという行動を極めて冷ややかに見た意見だと思われる方が多いでしょう。

だとするとボランティアは,やはり自己満足なのでしょうか?

見返りを期待するのをボランティアの定義からはずしたとして,純粋に他人のために自分を捧げることが,たとえ自己満足であったとしても,私はすばらしい行為だと思います。

なぜって?

普通の人にはできないからです。

ボランティアについてとやかく言う人ほど,自分を捧げることができない,または自分を捧げたことがない人なのではないでしょうか?

少なくとも,そうした行為ができる人は,しない人よりも数段すばらしい方だと私は思います。

たとえ,その根底が自己満足であったとしても,人を助け,人のためになる行いをしているわけですから。

物の見方は1通りではありません。対極から眺めてみることも考えが偏重しないためには大切なことです。
しかし,いつも対極からばかり物事を見ていては,これまた考えが偏重することになります。

事実を事実と受け止め,冷静に判断した結果,私はボランティアはやはりすばらしい行為だと思います。

もちろんボランティアをされている方の多くが,自己満足だけで行っている訳ではないことも,よく知っていますしね!
posted by たかお at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 人格者の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボランティアっていうのは、本来的には、原則は他者のためにするものだと思います。
でも、ボランティアしているうちに自己のためになっていることに気づくものですよね。
人と人との関係は一方的ではありませんから。
自分のために始めるのは感心しないけれど、結果として理解できて相互協力できればいいんじゃないかな〜と思います。
Posted by モニママ at 2008年03月06日 09:35
モニママさま

コメントありがとうございます。
きっかけは何であれ,他者のために尽くすことができるというのはすばらしいことだと思います。
私の考えもまだまだ浅いので,より深めていきたいと考えています。
Posted by たかお at 2008年03月07日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88384819

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。